基板実装後のオプション作業のご案内です。
従来は改造作業が中心でしたが、最近は屋外使用の結露対策やウェアラブル機器の防湿対策として、
コーティング作業のご依頼が増えています。

防湿コーティング作業

防湿コーティングは手間のかかる作業です。
一番大事なのはマスキング作業。コネクタなど塗布禁止部品にコーティング剤が付着しないように目隠しをするのですが、隙間ができないように慎重な作業が求められます。
次に塗布確認です。コーティング皮膜の状態が一律ではないので、画像検査では確認が難しく目視確認が中心になります。そのため生産品質の向上が重要です。

そこで私たちはロボットによるコーティング作業を実施しています。コーティング剤の塗布量・速さを制御する事で安定した生産品質が実現できます。マスキング作業についても均質に且つ早くできるよう独自の工夫をしています。
そして最も大事なのが溶剤毎のパラメータ設定です。テスト結果の評価を元にお客様がご納得頂けるまで条件出しを行います。
コーティング作業の品質・価格でお困りでしたら是非私たちにお問い合わせください。

BGA・QFNなどの部品交換作業

リワーク装置(DENON RD-500Ⅱ)を使用して、各種実装部品の交換に対応致します。
BGAなどリワーク箇所が外観からは確認できない場合は、X線検査装置で作業の確認を行います。

<基本交換費用>
1個:20,000円/個
2個:15,000円/個
3個:11,000円/個
4個:  8,000円/個
5個:  6,500円/個(6個以上は全て6,000円/個)

基板改造作業

試作段階では、生産後に設計や部品の変更が発生する場合があります。
その場合は変更分の回路や部品を後から基板に追加して特性や動作の確認を行います。
当社ではパターンカット・フセン追加などの各種改造作業を、
国家検定 1級技能士(電子機器組立)をはじめとしたスペシャリストがご対応いたします。

改造作業でお困りでしたら是非お問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。045-741-7301受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]